メイン画像

お子さまの一生を豊かにする思考力を育てます

ピグマリオンメソッドは、従来の大人が「教える」教育ではなく、子どもたちが自ら「学ぶ」教育を40年以上前より実践し、これまで数々の実績を上げてきた幼児教育法です。そのメソッドは、人類の知識獲得の歴史に沿って、指先・空間・図形・数論理・言語・社会性の6つの能力を育てていきます。


能力の樹

①指先能力

指先能力は知能だけでなく、心や性格を左右する最も基本的な能力です。それは、手が第二の脳と言われるくらい大脳皮質と密接につながっているからです。指先能力は幼児期に完成され、その他の領域の能力育成に大きく影響します。

②空間能力

人間は目から得た情報を二次元でとらえ、頭の中で三次元に再構築しています。三次元空間把握能力は、人間が作った後天的な能力なので、学習により後天的に育成していくことが必要です。この能力が思考力の枠を決定します。

③図形能力

図形形態能力は90%以上の脳が創り上げられる幼児期の土台となる能力です。この能力も後天的に育成が必要な能力であり、幼児期に創り上げることが大変重要となります。

④思考・判断能力

数論理能力と図形と空間からなる幾何学能力を前提とした、消去や比較、仮定、判断などの思考技術を使って現実の問題を解決する能力のことです。この力があるからこそ、初めて見る問題にも答えを創り出すことができるようになります。

⑤数論理能力

数論理能力とは数を支える他の領域の能力育成があって初めて育つ能力であり、計算能力だけのことではありません。数論理能力は、豊かで楽しい数体験をたっぷりとさせることにより、子どもが自分自身で作り上げていく問題解決能力なのです。

⑥言語能力

言語能力は、数学的思考力(空間・図形・数論理能力)の表現技術です。見たり、感じたりしたことを言語的に表現することでコミュニケーション能力を育て、人間性を高めます。高い知性を育てるためには、高い言語能力が必要となります。

ピグマリオン学院で使用する学材と学具

ピグマリオン学材レッスン学材

レッスン学材

ピグマリオン学院で使用するレッスン学材で、年少下~小学6年生の10年間のカリキュラムです。年長で100までの加減計算、小学6年生で中学3年生内容まで進みます。

思考力育成学材

思考力育成学材

パズル、点描写、知力など、幅広い問題が数多く含まれています。指先や幾何学の能力を化合させ、数論理や言語能力の土台となる思考力を高めます。

能力育成学材

能力育成問題集

各テーマの問題を毎日取り組めるようにした問題集です。思考力育成学材と合わせて、幼児期から指先、図形、空間を高め、年長後半以降は思考力の問題に移行します。

点描写と折り紙

点描写と折り紙

幾何学能力を育成する上で必要となる点描写です。巻末には毎月一つ折り紙の問題が含まれています。折り紙は幾何学能力と指先調整能力を同時に高め、さらに前後関係(時間)の要素も加わり高い能力育成に役立ちます。


思考力を高める豊富な学材の例

点描写

点描写

面描写

面描写

学材

つみきのかず

三方向知覚

三方向知覚

切り絵

切り絵

絵の合成

絵の合成

天地パズル

天地パズル

長方形分割

長方形分割

にげみち

にげみち


天地パズル

天地パズル
Pグレード(年少下)から使用

8つピースを組み合わせて様々な形を作ります。全ての図形は直角三角形の集合として表すことができます。

マグプレート

マグプレート
Pグレード(年少下)から使用

磁石付きのパズルのため一度置いたら固定されます。年齢的に指先で微調整が難しいお子様も楽しく図形遊びに取り組めます。

ペリカンパズル

ペリカンパズル
Yグレード(年少)から使用

直線と曲線の違い、直角を実感するパズルです。組み合わせて様々な図形を創ることができます。

ウッディブロック

ウッディブロック
Yグレード(年少)から使用

数の合成分解能力及び、構成把握能力・数能力・3次元空間把握能力を育成する教具です。

ヌマーカステン

ヌマーカステン
Yグレード(年少)から使用

『5進法』から入り、20までの合成分解を自在に行えるようにするための教具です。

カモシカパズル

カモシカパズル
Gグレード(年中)から使用

三次元の要素も含まれ、ピグマリオンオリジナルパズルの中で一番難易度の高いパズルです。

色板トントン

色板トントン
Yグレード(年少)から使用

コルク板、とんかち、釘を使って、幼児期に育てたい指先の調整能力を楽しくと伸ばすことができます。

ひも模様あそび

ひも模様あそび
Gグレード(年中)から使用

ひも4本と穴の開いた板がセットになっています。空間位置把握能力や先見性も育ちます。

ドット棒C型

ドット棒C型
Mグレード(年長)から使用

数量として視覚的に感じ、1万までの加減暗算や掛け算・割り算・面積・約数・倍数・分数・等差数列を理解するための基礎能力が身に付きます。


なぜ小学校6年生で中学校3年生内容を終えるのか

小6で中3内容を終了することが目的ではなく、小学校6年生で義務教育レベルの内容を理解できる能力を創ることが目的です。先取り学習をすれば力がつくのではなく、力があるからどんどん先に進むことができるのです。

一時、中学校受験の回答を方程式で解いて良いか、という議論が交わされた時期がありました。中学受験の合否は算数の成績で大きく左右されますが、実は中学校受験の問題には負の数や証明などの一部を除き、数学内容が出題されています。つるかめ算は連立方程式で解くことができますし、水量変化は一次関数です。素因数分解や平方数は整数問題でも散見されます。

ここから言えることは中学受験で難関校へ合格していく子どもは小学校6年生時点ですでに中学2~3年生レベルの能力を有しています。灘中に合格した生徒に中学校の教科書を渡すと全部解くことができた子も過去いましたが、これは当然のことだと言えます。

日本の学校では入学時と卒業時の偏差値で大きく変化する生徒の割合は多くありません。最難関中学校の顔ぶれや地域公立トップ高校はこの数十年大きな変化はありません。進学校は優秀になれる場所ではなく、優秀な子が集まる場所になっています。公立でも高校以降は学校によって使う教材の難易度が異なります。もちろんこれに当てはまらない子どももいますが、割合としては少数に留まっています。賢い子は成績をキープし続け、そうでない子は中々挽回することができません。これは様々な原因が考えられますが、その一つに学科教育に認識や表現の土台となる能力創りと言う視点が欠けているためです。

日本はまだまだ学歴社会で最終的な学歴である大学を中心に教育を考えていくことが多く、知育に関心がある教育熱心なご家庭は小学校受験や中学校受験を目指すことが多いです。中学校受験を経験する人は地域にもよりますが全体のおよそ10%程度、小学校受験はさらに低い割合です。しかし、仮に公立ルートで国公立大学を目指す場合であっても、小学校6年生時点で中学校内容を理解できるだけの能力が必要だと言えます。公立中学校から公立高校、国公立大学を目指すご家庭は18歳の時点で中学受験組の子たちと大学入試で競うことになりますが、小学校6年生時点ですでに差が生まれており、それを回避するためには、その子たちと同じレベルの能力を育てることが必要なのです。

ピグマリオンは成績や受験ではなく、あらゆる状況に対応できる能力を育てることを目的としています。大人でも社会に出てから新しい仕事を取り組むとき、習得の早い人とそうでない人がいます。ピグマリオンが育てたいのは当然前者で、人生で求められる力はむしろこちらであると考えます。


なぜ思考力が大切なのか

今の子育て世代である30~40代は知識量や処理能力を問われる時代でした。日本の最高学府である東京大学は官僚を育てるための大学と言われてきました。大きな組織の中では如何に速く正確に処理できるか、と言うことが求められるため、知識量や処理能力の高さがかつての優秀さと言えました。もちろん今でもこの点が優秀であることに異論はありませんが、その上で今の時代で求められる能力や教育とはどのようなものでしょうか。

一つのヒントとして、近年の小学校入試の面接での設問で例えばこのような傾向の変化があります。求められるものも変化してきていることがわかります。

(過去)
問.電車に乗っているとお爺さんが乗ってきました。どうしますか?

(現在)
問.電車に乗っているとお爺さんと妊婦さんが乗ってきました。どうしますか?

大人でもこのような状況になると、少し迷うと思いませんか。世の中には正解が一つではない問題ばかりです。これからの時代ではAI分野におけるトロッコ問題でもわかる通り、正解が1つでない問題に対してどのように処するか、と言う視点が求められています。

知識や暗記に頼ることの危険性をピグマリオンでは数十年前から警鐘を鳴らしてきました。なぜなら、知識や暗記はコンピューターで代替できる能力だからです。なにより、暗記に頼ることは創造性を失い、一つの問題に対して一つの回答しか出すことができません。自分の知っていることが違う場合、そこで思考が停止することになります。思考力とは答えのない問題について考え続けることができる力です。判断能力とは現実の諸問題を解決するためにあらゆる思考方法を使って判断、行動できる能力です。まさに今の子ども達に必要な能力です。


なぜ親子関係が大切なのか

前述の通り、小学校6年生時点で生まれた差はどの時期から出てくるのでしょうか。大手の進学塾では小学3年生辺りから募集が過熱し始めます。そこで大抵の場合は入塾テストが行われることになりますが、それはクラス分けをするためです。小学校6年ではなく3年生の段階ですでに差が生まれていることを表しています。

ピグマリオンでは年長時点で10000の加減暗算やかけ算、わり算、年中~年中で100までの数や大人でも考え込むような空間図形の問題を回答する子がいます。つまり、年中~年長の時点でもすでに違いが生まれています。人間は生まれてから与えられた環境に最大限適用しようとします。そして、子どもの発達段階に応じて適切な刺激と環境を与えることができれば、子どもは自然に成長していきます。乳児期からの過ごし方でその後の人生が大きく影響されます。

しかし、早い段階から知育をすれば良いと考えるのは性急です。生まれてすぐに知育に走る熱心な方もいるかもしれませんが、親の努力が空回りしては元も子もありません。幼児期に与えるべき環境とは親子関係が重要な意味を持つからです。同じ教材を使っていても得られる効果に差が出てくるのは、その使い方が適切であるか、親子関係が創られているか、と言う点です。

知性を高めたいと考えるならば、感性や人間性を高めることが不可欠です。賢い人はより多くのことを考えることができます。それはより多くの他者のことを考え、幸せにすることができる人です。自分のことしか考えられない人は、何でも自分にあわせようとするために成長できず、本当の意味で賢い人ではないのです。子どもがこの視点を持つためには、親自身も同じように人間性を高めていく必要があります。子どもに対して感謝や尊敬の念を抱けるでしょうか。子どもはその親の姿をみて「自分が世の中から受け入れられている」「自分が他者に必要とされている」と言う心が育ちます。そして、子ども自身も世の中のことを受け入れるようになります。

ただ賢くするだけではなく、心も同時に育てること。子どもにとっての良い環境とは物質的なものよりもむしろ精神的なものです。家庭内で親子が愛情で結びつき、共に学び、成長し、進化する関係性を創りましょう。子どもは単に教材を与えるだけでは子どもは伸びません。親と一緒に何かに取り組みたいと考えているだけですので、親も一緒に学び、自分を高める姿勢が大切です。親自身も新たな発見や子どもを見る新しい視点など多くの気づきが得られるはずです。

Pグレードの目標

①拇指対向能力を始めとする指先調整能力を向上させる
②図形の三要素を刺激し、形の同定を理解する
③3×3の点描写ができるようになる
④大小・長短等の量、上下・前後・内外等の位置の比較を理解する
⑤1~3の数量認識ができるようになる
⑥身の回りのものに関心を持ち、名前や用途を理解する
【使用教具】
マグ・プレート、天地パズル、ウッディブロック、ウッディブロックの使い方、親子カード、呼び鈴、カラービル

Yグレードの目標

①両手や手首を手際よく動かし、手と目を協応させられるようになる
②12種類の基本図形の違いを理解する
③左右、内外、遠近等を理解し、空間位置把握能力を育成する
④半分、太細、厚薄等より多くの量感覚能力を育成する
⑤1~5までの加減計算と10までの数量認識ができるようになる
⑥ひらがなとカタカナを読めるようになる
【使用教具】
マグ・プレート、天地パズル、ウッディブロック、ウッディブロックの使い方
色板トントン、ヌマーカステン、ヌマーカステンの使い方、教養トランプ、カラーブロック25、競争ゲームA型

Gグレードの目標

①直角、直線と曲線の概念を創造する
②上下・左右逆転等、より高次元の空間位置把握能力を育成する
③消去や比較、仮定による判断能力や思考力を育成する
④全体把握や構成把握能力、注意力を育成する
⑤20までの数量認識と加法計算ができるようになる
⑥具体と抽象、物事の順序や前後関係を理解する
【使用教具】
マグ・プレート、天地パズル、色板トントン、ウッディブロック、ウッディブロックの使い方、ヌマーカステン、ヌマーカステンの使い方
ペリカンパズル、カモシカパズル、ひも模様、平面図形カードセット、競争ゲームB型

Mグレードの目標

①鏡絵や立体図形の点描写ができるようになる
②対象を上下前後左右等3つの視点で捉えることができるようになる
③消去、比較等の判断能力を様々な問題に適用できるようになる
④100進法の考え方を理解し、様々な数の捉え方を創造する
⑤100までの加減計算をできるようになる
⑥ひらがなとカタカナを書けるようになる
【使用教具】
マグ・プレート、天地パズル、色板トントン、ペリカンパズル、カモシカパズル、ひも模様、ウッディブロック、ウッディブロックの使い方、ヌマーカステン、ヌマーカステンの使い方
ドット棒C型、ドット棒C型の使い方、手探り平面図形遊び

TOP